不安解決!消費者金融

不安解決!消費者金融

担保は必要なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金融機関でお金を借りる時に、担保を必要とするときがあります。
担保とは保険のようなものです。
お金を借りて万が一それが返済できなかった場合に、担保として差し出しだ物がお金を貸してくれた金融機関に差し押さえられてしまいます。
銀行などの金融機関では担保付のローンがあるのはご存じかと思います。
消費者金融を利用してお金を借りたことがあるでしょうか?
そこで借りるとATM等を利用して気軽にお金が借りられるという印象があるかもしれません。
そこでも担保を必要とするタイプのローンがあるのです。
担保としてよく利用されるのが不動産です。
それは不動産担保ローンとも呼ばれています。
なぜ消費者金融でも不動産担保ローンを実施しているのでしょうか。
それは金利が低いからです。
消費者金融でお金を借りるメリットはその手軽さです。
一般の金融機関でお金を借りようとすると審査が厳しかったりそれに時間がかかりすぐに必要な金額が借りられないケースが多いのです。
その点消費者金融だと即日で審査が通ってすぐにお金が用意してもらえるところもあるのです。
また人に会わないでお金を借りたいと言う方にとってもインターネットやATMからも操作が可能なのもメリットです。
ところがその便利さゆえに金利が高いのです。
他の金融機関と比較してもその年利が高く設定されているのです。
そこで不動産を担保に入れた場合は、その分信用度が高くなりますので金利も低く設定されるようになるのです。
おまけに限度額も引き上げられます。
消費者金融でお金を借りる時にはその会社にもよりますが何百万円が最高金額だというところが多いと思います。
しかしそれ以上のお金を必要とするときは、消費者金融から大金を借りるのは難しくなります。
そこで担保を入れることで何千万単位でお金を借りることも可能となってくるのです。
ただし、不動産を担保としたローンを利用するにはいくつか注意点が必要となります。
まずは別途費用がかかることです。
不動産を持っているということを証明するために公的な書類が必要になるからです。
それらを用意するための費用は実費となります。
また万が一返済できなかった場合は、あなたが所有している不動産を失うことになってしまいます。
それなので不動産担保ローンを利用する際は返済の見込みが立っているのかを考えてから借りたほうがいいのです。
お金を借りる時は全てそうですが、担保を入れる時は特に注意が必要だと思います。

Copyright (C)2016不安解決!消費者金融.All rights reserved.